“BE-GLOBAL“

(世界に出よう)

レベルや年齢に関わらず海外に活動の場を移すアスリートが増え、国境を跨ぐことを多くのアスリートが選択肢の一つとできる時代になっています。ビー・グローバル・エージェンシー(BGA)のスタッフは、長年に渡り日本人メジャーリーグ選手をはじめ海外に活躍の場を移したアスリートの夢の実現をお手伝いしてきました。
アスリートにとって、海外に渡る事は「ゴール」ではなく、自身のキャリアを新たなステージに導く為の「きっかけ」に過ぎません。そして、そこに求めるべきはアスリートとしての成功にとどまらず、海外でしか出来ない経験があり、出会いがあり、それら全てがアスリートに付加価値をもたらし、豊かな人生の糧となります。
これらアスリート個人のサポートに加えて、BGAは国境を超えたスポーツの普及・発展にも取り組んでいます。スポーツが持つ力を最大限に活かして企業その他の団体・コミュニティとスポーツ界との橋渡しを担い、また、2020年東京オリンピック開催に向け、スケートボードやサーフィン等の新たなオリンピック競技を盛り上げるためのイベントも企画しています。
BGAは、エージェント・ マネジメント事業、スポンサーシップ・コンサルティング事業、海外スポーツ留学事業、海外でのイベント企画・ キャスティング事業を4つの柱としてグローバルに活動するスポーツエージェンシーです。

OUR TEAM

TOSHI HOSHINO

President

星野 太志
長野県軽井沢町出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。 2004年米国オレゴン大学(University of Oregon)にて 経営学修士取得。専門はスポーツマーケティング。卒業後はサンディエゴのマイナーリーグアイスホッケーチームで1年間インターンを務め、2005年からロサンゼルスのスポーツエージェント会社に勤務し副社長を務める。MLB選手会公認代理人として、海外に活躍の場を求めるプロ野球選手の移籍交渉や移籍後の生活のサポート業務に従事。2016年、ロサンゼルスに B-Global Agency, Incを設立。さらに2017年、障害者アスリートの海外での活動支援のためにB-Adaptive Foundationを立ち上げる。

KAZ YAMANOUCHI

Vice President

山内 一秀
東京都出身。早稲田大学法学部卒業。日本の大手金融機関の法人営業部で勤務後、アメリカへ留学。大学院在学中にはNBA、NHLチームを運営するマディソンスクエアガーデン(MSG)に勤務。ロースクールを卒業後、LAのスポーツエージェンシーに勤務し、日米のプロスポーツ選手の移籍交渉やスポンサーシップセールスに従事。2016年、B-Global Agency Inc.の設立に合わせて参画し、主にスポーツマーケティング、スポンサーシップセールスを担当。2017年、B-Adaptive Foundationの立ち上げから参画。
ニューヨーク大学 (NYU) 修士号(M.S in Sports business)、フォーダム大学ロースクール修士号(LL.M)。